元オリンピック代表選手が指南する膝に優しく効率的な走り方・練習方法

オリンピック代表経験のある現役陸上トレーナーの渡邉高博さんが監修する「膝サポート走法」は、マラソン練習やレース中に発生する膝の痛みを無くす走法が紹介された画期的なDVD教材となります。

 

これからマラソン大会に初めて出る方や、ランニング初心者の方で40才以上の中高年の身体に無理のない走り方を教えてもらえる、他に類を見ないDVD教材です。

 

とかくマラソンの練習方法といえば、長い距離をできるだけ多く走れとか、負荷をかけてマラソンを完走できる脚と心肺機能を鍛えろなど、体育会系バリバリの教えがはびこった世界だったりします。

 

でも無理な練習ばかり続けていると身体の故障が発生したり、また練習を続けるモチベーションや気力が萎えてしまう原因にもなりかねません。

 

そのほかにも、

 

 ■マラソンのレース中に発生する膝の痛みのせいで途中で歩いてしまう
 ■納得のいく練習量をこなしたいけど、膝の痛みや身体の故障再発が怖くて仕方がない
 ■もう40歳を超えてしまったが、意地でもフルマラソンを早いタイムで完走したい
 ■まだまだ20代、30代の若いランナーには負けたくない
 ■どうやって練習してもサブフォー、サブスリーを達成する事ができない
 ■まだまだ現役バリバリだとアピールしたい
 ■故障をしないような走行フォームを身につけたい

 

といった悩みに的確に、個別アドバイスまでしてもらえる価値あるDVD教材なのです。
では、ここでこのDVD教材の様子を動画でご覧になってみて下さい。

 

 

⇒もっと詳しい内容を知りたい方はこちら!


マラソン業界の著名人も推薦する元オリンピック出場選手の渡邉高博

当サイトで紹介している「膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜」監修者の渡邉高博さんは、400mの選手として東京世界陸上やバルセロナオリンピックに出場した事もある輝かしい経歴をお持ちの方です。

 

現役引退後は早稲田大学競走部コーチとして日本代表選手を輩出することはもとより、プロ野球やJリーグ、プロゴルファーなどのプロスポーツ選手や各種目のオリンピック選手や俳優などのフィジカルコンディショニングを行っています。

 

またプロ選手だけでなく、子供から大人までマラソンでの膝の痛み対策といった身近な問題に対しても紳士に取り組み、現場はもとより、テレビやラジオ、雑誌、講演などを通じ自ら考案した膝サポート走法の浸透にも務めています。

 

この膝サポート走法が凄いのは、実際に渡邉高博さんに指導を受けた初心者ランナーの方達が持っていた膝の痛みが取れ、楽にランニングできるようになってしまう人が続出している点です。

 

どうしてもマラソン練習を始めたばかりの時点では、筋力も無く膝の痛みからは免れないものなので、ついCW-Xなどのサポートタイツなどのランニングギアに頼ってしまいがちですが、実際そういった道具に頼っていても、さほど効果を感じられないというのが正直なところなのではないでしょうか?

 

所詮、小手先の対処療法では、改善できないという事のあらわれだと思うのです。当サイト管理人の私も実際そうだったので、それは身を持って実感しています。

 

それが、このDVD教材の教えで根本原因となっている走り方を正しいものに変える事で、改善する事ができてしまうのです。

 

どうせお金を使うのなら、小手先でごまかすだけの道具にお金をかけるのではなく、根本原因を解決できるランニング走法を見直してみてはいかがでしょう?

 


マラソン初心者の方こそ実践してもらいたい正しい走法による自主練習法

当サイトで紹介している「膝サポート走行」をまじめに取り組めば、痛い思いをしなくても今まで体験したことのないような「走り方」をスピーディに身に付けることができます。

 

実のところ、すでに5000人以上もの方が、その効果を実感している実績を持った走行法なのです。

 

とはいえ、ひたすら走り込んで下半身を鍛えたり、ひたすら走る距離を増やして反復練習をするといった力任せの練習法では、そう長くは続きません。

 

そのため、「膝サポート走行」では、性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく誰にでも効果が出る事に主眼を置いた練習方法となっているのです。

 

実際、この走法のレッスンを受けた方のほとんどが、

 

「え…?ほんとに、こんな簡単な練習でいいんですか?」

 

といった質問をしてくるのだとか。

 

それほどまでに効率的で、かつとてもシンプルな走行練習法が、この膝サポート走行なのです。

 

とはいえ、シンプルだからといって効果が出ないわけではなく、練習への取り組み方によって非常に大きな効果をもたらすメニューとなっています。

 

何の練習を何のために実践しているのかを理解し、効率的でかつ効果的に取り組むことこそが、走行タイムがアップする秘訣になるのです。

 

詳しい説明は以下の公式サイトをご覧になってお確かめ下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓