足首に負担の無い正しい「接地」のポイントとは?

ランニング中の着地にこだわった走りをしている方というのも、私の周りで多く見受けられたりします。

 

特に普段から踵で着地している方が、意識的にフォアフットで着地するようにランニングフォームを改造しようとしている人も多いのですが、大抵の方は脚が耐えられず、どこかを故障してしまうパターンが多いのですよね。

 

何も無理にフォアフットに強制しなくとも、キロ4分30秒以内のペースで走るようになれば、自然とフォアフットで接地できるようになるのですが。

 

まあ、本人が納得しなければ、それを説得したところで、どうしようもないのですけどね。

 

その点についても、この膝サポート走法のDVDでは見事に指摘しいています。

 

意図的に接地方法を変えるのでなく、まずはこのDVDに沿った内容で地面への接地の仕方を学んでみてはいがでしょう?

 

無理に着地フォームを改造しようとしてもケガするだけですよ!

 

※膝サポート走法の詳細については、以下をご覧下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓