膝サポート走法実践者の口コミをご紹介

この記事では渡邉高博さんが監修する「膝サポート走法」を実際に実践している方の口コミを一部紹介したいと思います。

 

すでに多くの実践者から喜びや絶賛の声として口コミや感想が届いているようですね!

 

痛みが解消されフルマラソンを無事完走できました
 東京都在住の男性

 

ランニングを始めて約1年、このDVDのおかげでフルマラソンでサブ4を達成する事ができました。

 

マラソン練習を始めて6ヶ月経った頃、膝の激しい痛みが発症し、日常生活に支障をきたす時期もありました。
ちょうどその頃にこのDVDに出会えまして救われました。
それまで自己流で練習していた私にとって、自分の走り方は間違った認識そのものでした。
DVDの指導内容をひとつずつ実践した結果、いまでは長い距離をかなり走り込んだとしても膝の痛みは軽減しているのです。

 

我流走法に陥っていた現状から脱却する糸口になったのは、渡邉先生がDVD教材の中で解説されていた「足を早く回そうとしていませんか?」 と 「上体のぶれを止めようとしていませんか?」という2点の説明でした。
また、意識的に継続実践したのは、肘を前に出すことでかなり自然な動きができ、膝などの脚への負担がかなり減ってきたということです。
今では、フルマラソンを完走しても膝の痛みはほとんどありません。

 

他にもサッカーをやっている自分の子供も、このプログラムを一緒に実践して体幹の使い方を一緒にトレーニングしてきて、プレーの動きがよくなってきた様です。
私自身の今後の記録挑戦も視野に入れ、引き続き頑張りたいと思います。

 

オスグッド(成長痛)と練習からくる痛みに悩まされる日々が嘘のように!?
 京都在住 30代女性

 

我が家の場合、自分でなく中学一年になる息子の走りが大きく改善しました。
先日も所属する部活の顧問に褒められ上機嫌な状態です。

 

幼い頃から息子は走るのが大好きで、小学校時代は短距離走で活躍し、校内のリレー選手からは外れたことがない自慢の子でした。

 

そんな息子も中学生となり、流行の駅伝やマラソンの魅力に取りつかれ、長距離選手に転向し陸上部で選手として頑張っていました。
しかし小学校時代に培った短距離走の癖が残っているのか、過去に味わった事もない疲労や太もも裏・膝の痛みを訴えていました。

 

また、練習からくる痛みと同時にオスグッド(成長痛)にも悩まされていて、練習がまともにできないと悩んでいました。
そんな中、たまたまネットで渡邉先生のDVDを発見し「走るときのフォームに原因があるのかも・・・」と打ち明けるようになりました。
素人の親としてはDVD教材で改善できるのか不安ではありましたが、息子がやりたいと思う事を存分にやらせてあげたかったので思い切って購入してみました。

 

食い入るように何度も見ては練習に取り入れるを繰り返していたようで、なんと1週間程で疲労感や痛みが改善したと満足げな笑みを浮かべたのです。

 

顧問の先生からも「見違えるように長距離タイプの走り方になり、身体の使い方が驚くほど良くなった」と褒め称えてくれたようで、今ではさらに練習に励んでいる様子です。

 

渡邉先生ありがとうございます
 東京都在住 50代女性

 

マラソン歴2年の主婦ランナーで、普段は主人とともに毎朝のランニングを楽しんでおります。
フルマラソンに挑戦したり早く走りたいというような志はありませんでしたが、日々の家事などで受けるストレスが走ることで解消し、健康のため、また楽しく走れることを志していました。

 

そんな中、体力的にはかなり慣れてきた頃に左足の膝の関節やふくらはぎ、太ももなど違和感を感じるようになり、次第にそれが痛みに変化、普段の生活にも支障をきたすほどになってきてしまい、それが逆にストレスとなってきていました。
ある時、マラソン界では著名な部類にいる方のお勧めで渡辺高弘先生の「膝サポート走法」を紹介されました。
ホームページで紹介されていた見本ビデオの悪い走り方は私の走りを見ているようと主人にも指摘され、日々の生活の歩き方から見直す事に。
特に身体の重心移動を意識して指導内容に従ったところ、今では見違えるように負担が軽減したのです。

 

今ではすっかり痛みも感じられなくなり、近いうちに主人とハーフマラソンに挑戦しようなどというとんでもない話までできるまでになりました。

 

このように中高年の方はもちろんの事、中学生などの成長著しいお子さんまで実践して効果を感じられた「膝サポート走法」。
今度はあなたが口コミを発する立場になるのかもしれませんね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓