大阪マラソンの概要や交通規制の様子について

大阪マラソン

東京マラソンと人気を二分するといっても過言でないレースとなった大阪マラソン。

 

すでに市民参加型のマラソン大会として人気も定着している感があります。

 

かくいう私も大阪マラソン2015の応募を申し込みましたが、見事落選。

 

大阪マラソン2015の抽選倍率は約4.5倍とのことで、10倍を超える東京マラソン2016程ではないのですが、それでもやはり外れてしまうものなのですね。

 

改めて抽選参加の難しさを感じた次第です。

 

さて、話を戻して、この大阪マラソンの紹介ですが、参加可能な定員はフルマラソンが30,000人、チャレンジランという8.8kmレースが2,000人、制限時間はそれぞれ7時間、1時間50分(チャレンジラン)となっています。

 

フルマラソンのレースのほかにも、車いすマラソンも実施されたりします。これはすでに東京マラソンでもおなじみですよね。

 

しかし、ここまでの参加人数は日本では東京マラソン以外にはない規模のものですね。

 

なんでも世界の六大マラソンにも匹敵するほどの大会規模なのだとか。

 

こう改めて見ると、凄いことですよね!

 

さて、この大阪マラソンの始まりといえば2011年10月30日。

 

東京マラソンの始まりが2007年からなので、その4年後からとなってますね。

 

まあ東京マラソンがあそこまで人気となっただけに、大阪としても黙ってられなかったのかもしれませんね。

 

東京マラソンほどの抽選倍率とはならないまでも、それでも3万人規模で約4.5倍という倍率は立派な事だと思います。

 

ちなみに、第4回大会となる大阪マラソン2015の開催日は、平成27年2015年10月25日(日)となっています。

 

交通規制の開始が、2015年10月25日 7時30分頃から、交通規制終了は16時30分頃までとなっています。

 

近隣にお住まいの方は、くれぐれもご注意下さいね!