ランニングで発生する膝の痛みを解消する正しい走り方とは?

マラソン大会出場のためランニングを始めたばかりの方や、いざマラソン大会に出場しても膝や脚の痛みのためにやむなく棄権してしまった方など、自分が思い描く走りができず悶々としている方も多いのではないでしょうか?

 

特にマラソン練習を始めたばかりの方にとっては、走るという日常には無い動きが脚への負担を増加させる増やす要因となっていたりします。

 

当サイト管理人である私自身も、過去にフルマラソンの大会に出場すべくマラソン練習を始めてはみましたが、次第に膝の痛みを感じるようになり、走るたびに痛みが増して、走るのが困難な状況に陥った頃もありました。

 

私の場合、最終的には数年かけて走りこんだ事で、そのような膝の痛みを感じなくなったのですが...

 

では、なぜそのように膝の痛みが発生してしまうのでしょうか?

 

それには、逆に膝の痛みもなく走れる人全てに共通している、以下の事を学ぶのが一番だと、膝サポート走行監修の渡邉高博さんは述べています。

 

 ・体の使い方
 ・足の運び方
 ・トレーニングの方法
 ・無駄な労力を使わないフォーム
 ・ジャンプの動作からランニングへの移行方法
 ・肩甲帯を動かす方法

 

などなど。

 

これ以外にも膝の痛みなく走れるよう、数々のレッスンを受ける事が可能となっています。

 

現時点で持ち合わせている才能やセンスなどとは全く関係なく、子供から社会人、高齢者の方まで、誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容となっているのです。

 

また、体力や多くの時間を必要とする練習法ではないので、一日の中で限られた時間しか練習できない社会人や高齢者の方でも取り組むことができるのです。

 

実践させすれば、飛躍的に効率的に結果が出るという膝サポート走行プログラムを、まずはあなたのご自宅で学んでみませんか?

 

膝サポート走行のDVD教材の詳細は、こちらをご覧下さい!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓