サラリーマンのジョギングで最適な時間帯とは?

マラソン愛好家やランニングを趣味としている方で、何かと多忙で不規則な勤務が続くサラリーマンの方は多いのではないでしょうか?

 

いや、実際その様な方の方が圧倒的に多いと思いますが...

 

気の向かないお客との接待、好き嫌い関係ない会社の上司や同僚、部下とのお付き合いなど、したくもないしがらみとのお付き合いの中、ジョギング練習の時間が潰されてしまうと嘆いている方も多いのではないでしょうか?

 

実はコレ!何を隠そう、当サイト管理人の私の事だったりします(笑)

 

私の場合はというと、早朝にランニングするよりも仕事から帰宅してから夜にジョギング練習するのがほとんどですが、どうしても不規則になりがちな平日は、練習時間を確保するのが難しいのが実情だったりします。

 

でもそうして周りの環境に流されるままにしておくと、いつの間にかマラソン練習も億劫となり、走る事すらあきらめてしまったり、月に数回走る程度に練習量が極端に減ってしまっていたりしました。

 

それとたまの激しい練習で、ケガしてしまうこともしばしばで...

 

しかし、練習量とマラソンレースの結果は見事に比例するもので、そうして練習量が落ち込んだ時のマラソン大会出場はいい事ないので、極力控えるようにはしています。

 

結局のところ、マラソン大会で満足のいく結果(例えばサブフォーやサブ3.5など)を残すためには、ひたすら質が高く密度の濃い練習をこなさなければいけないのですけどね。

 

とはいえ、私も含め多忙なサラリーマン生活を送っている方というのは、どうしても練習時間の確保が難しいのが実情なのではないでしょうか?

 

また最近では、お子さんがミニバスやバスケットボール、サッカー、野球、水泳、テニス、空手、剣道、柔道などのスポーツや、ピアノやエレクトーン、ダンスなどの習い事をされていて、送迎や配車等で時間を割かれる方も多いと聞きます。

 

そんな自分の時間が限られた多忙を極めるサラリーマンの方にこそ、膝サポート走法のDVDで質の高い練習方法を学んで、短時間でも効率の良い練習を積んでいってもらいたいのです。

 

私もこのDVDの練習方法を学んだ結果、ランニングの練習の質が劇的に向上し、わずか1年程度の練習期間でサブ3.5レベルにまで達した経歴を持ちますので!

 

ちなみに私の場合、仕事が終わって帰宅するのは、だいたい21時頃、遅い場合は22時〜0時なんて時間帯なんてのも珍しくありません。

 

ヘタをすれば土・日・祝日の休日出勤なんてのもあったりするので、練習に割ける時間というのもわりと限られていたりします。

 

それでも練習内容の質を向上させたり改善させる事で、比較的短い時間(とはいえどうしても最低限それなりの時間は必要ですけど)でも、サブフォーランナーになる事も可能だと思うのです。

 

マラソン練習の質を上げるためにも、ぜひとも膝サポート走法のDVDで高レベルな練習方法を学んでみて下さいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓