背筋に力を入れて走っているランナーの注意点とは?

ある程度、身体もできてきたとともにすっかり習慣化したジョギングですが、そうなってくると次は速さを追い求めていく方も多いのではないでしょうか?

 

当サイト管理人の私も、実はそのうちの一人だったりします^^;

 

私もそうなのですが、そんな速さを意識してくる頃に気にしがちなのが、ランニングフォームだったりするのではないでしょうか?

 

腕の振りや脚の運び方、ストライドの大きさ、着地の仕方など、ランニングフォームで気になる箇所は多々あるのではと思います。

 

そんな中でも特に気になるのが、走行時の姿勢ではないでしょうか?

 

背筋を伸ばしたり、前傾姿勢になってみたり、背筋を後ろにそってみたりと、色々なランニングフォームを試されている方も多いのではないかと思います。

 

そんなランニング中の姿勢が気になる方には、当サイトで紹介している膝サポート走法で指導している注意点を、ぜひとも学んでもらいたいです。

 

↓↓↓詳細はこちら!

 

 

ランニング中の正しい姿勢を、ランニングを始めた当初に習得してもらう事で、早々と腰や背中などのケガに見舞われない様に思うからです。

 

特に背中の筋を痛めたり腰を痛めてしまうと、ケガが長引きせっかく身に付いたランニング習慣も無駄になってしまうかもしれないですしね!

 

ほんとせっかくの習慣を取りやめるのはもったいないです。

 

ぜひとも膝サポート走法でケガのない正しいランニングフォームを学んで下さいね!